So-net無料ブログ作成

ラゲッジルームの補強 [プリウス]

ようやくラゲッジルーム補強に着手しました。
今回の材料は次のとおり。

DSC_1217_02.jpg

1.5×15×25×1000のアルミ角材
8Mボルト2本
M8袋ナット2個
M8座金20個
黒取付金具2個

先達の皆さんの実績をお手本に、ラゲッジルーム後部座席よりのラゲージホールドベルトストライカASSY取付穴を活用しました。
材料であるアルミ角材はいろいろなサイズが使用されていて取付に使うものの選択は非常に悩みました。

DSC_1215_02.jpg

ホームセンターで入手できるものの中からある程度しなやかさを保ちつつ適度な補強が図れると思えるサイズを選んだつもりです。

作業的には角材に穴を空け、取付金具の角度を調整しつつ、締め付けナットの見栄えも考慮。
第一印象としては、後部足回りが円滑に機能しているように感じられました。

一般道では、これまで気になっていた路面ギャップを乗り越えた際の車体のフワフワと動く収まりの悪さがかなり改善され、滑らかな乗り心地となりました。
多くの皆さんが取り組んでいる利点が理解できたつもりです。
どちらかというとこれまでよりも乗り心地がやや固くなったように感じられ、ハンドリングが若干軽くなった気もします。

DSC_1222_02.jpg

高速道では、一般道での印象と違い、フワフワとした動きの収まり具合が後退した印象です。
31日日曜日、大宮~小田原を往復し、220kmほど概ね高速道路を走ってきましたが、高速道では補強前の印象よりもギャップを越えた際の落ち着きがなくなったように思えます。

DSC_1220_02.jpg

使用したアルミ角材のサイズが合わないのか、別途シートベルトアンカー部分やフロントサスペンション部分の補強が必要なのか、新たな悩みが生じてきました。。。
再度、先達の皆さんの取り組み事例を確認して回りますか。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。